下記に当てはまる方にはおすすめの外来です。

  • 勤務地近くで糖尿病治療を受けたい方
  • 糖尿病、または糖尿病予備軍と健康診断で指摘されている方
  • 多忙のため糖尿病の治療継続が難しいと考えている方

糖尿病の治療について

糖尿病は、摂取した食物エネルギーを正常に代謝することができずに、高血糖を引き起こす代謝性疾患です。血糖を下げる働きがある膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」の作用不足が原因で、糖尿病の最大の問題は高血糖に伴う様々な合併症です。

合併症には網膜症、腎症、神経障害、脳梗塞、心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などがあります。糖尿病治療の最大の目的はこの合併症を防ぐことです。

一口に糖尿病といっても、食事療法や運動療法で経過をみる方からすぐにインスリン注射が必要な方まで色々な病態があります。また、仕事や生活スタイルによってもアプローチの方法は違います。

健康診断で指摘されても、症状が乏しいく、ついそのままになっている方も多いといわれていますが、早めの対策で合併症(網膜症、腎症、神経障害、脳梗塞、心筋梗塞など)を防ぐことができます。皆様の病状と生活にあった治療方針を検討いたします。

様々な疑問についても丁寧に説明いたします。どうぞお尋ねください。

糖尿病の担当医師

担当医 宇都 飛鳥 医師  
慶應義塾大学病院 内分泌代謝内科 
糖尿病専門医