運動負荷心電図検査(エルゴメーター負荷心電図検査)とは

 段階的に運動をすることによって心臓に負荷をかけ、その時の心電図変化により狭心症などの有無を検査します。

 当院ではエルゴメーター(自転車こぎ)で負荷をかけています。主に狭心症の有無を調べるために行います。その他、不整脈の精査や運動療法のメニューを作る際に施行します。

 運動時の胸部症状のある方や運動療法を希望している方が対象となります。

DSCF2019.JPG




運動負荷心電図の方法

 心電図、血圧を記録しながら、医師の監視の下、エルゴメーターをこいでいただきます。少しずつペダルを重くしていき、その時の心電図変化を観察します。

*症状が不安定な方には施行できないことがあります。(急性心筋梗塞の疑いのある方など)

新着記事一覧